かよい湯治 一休

簡潔を旨に、 簡素にして贅沢、繊細にしてダイナミック。 余分なものは一切無い。 檜風呂に、ただひたひたと湯が溢れているだけの湯屋。
営業情報
16_1200
DSC_7119_1200
DSC_7121_1200
DSC_7136_1200
DSC_7116_1200
DSC_6874_1200
DSC_6866_1200
previous arrow
next arrow
16_1200
DSC_7119_1200
DSC_7121_1200
DSC_7136_1200
DSC_7116_1200
DSC_6874_1200
DSC_6866_1200
previous arrow
next arrow

男湯

ただただ、この湯と向き合っていただきたくて設えました 
DSC_7101_1200
DSC_7109_1200
19_1200
previous arrow
next arrow
DSC_7101_1200
DSC_7109_1200
19_1200
previous arrow
next arrow

女湯

聴こえてくるのは、山肌を流れ落ちる滝の音、鳥の声。 四半刻毎に響く時鐘の音が、遠ざかる意識を現世(うつしよ)に引き留めてくれる